三球三振!~FoR!の日記~

ほとんどの画像が、クリックで拡大画像(別窓)をご覧頂けます。一応『Field of Rookies!』の日記ブログ的位置付け。

やっぱ強いわディープインパクト、と感心しきりのKです、ども。




女性騎士…のつもり。騎士の割に装備がラフだったりお行儀が悪そうなのはご愛嬌。名前は…募集中(笑)。

久しぶりに4コマを更新できた。ただネタがびみょーだ。びみょー。

4コマ漫画をサイトのメインとしてやってるわけですけど、果たして見てる人はどう思ってるのか?と、ときどき考えます。まあネット上でなんらかの作品(絵、音楽、文章、ゲーム、etc)を公開してる人なら周りの反応というのは多少は気になるところじゃないかなと思います(まあそんなの気にしないぜ!というかたもいらっしゃるかとは思いますが)。

私の場合、漫画を読んだ感想が、
「うわっ、寒っ!おもんないわぁ(なぜ関西風?)」なのか、
「……ショボッ」なのか、そのへんが気になります。いや、この2択だと絶望的ですが。

まあ自分で成分分析するのなら、うちのサイトは自己満足が主成分ですけどね。
夕食後の満腹感でいっとき動けなかったKです、どぉも。

よしのー


本家のTOPにしようと思って描いたんですけど、塗って見たらイマイチ気に入らなかったので取りやめ。こっちに載せます。

なんか久しぶりにマリみて関係の絵を描いた気がします。実際4コマを描けてないのであまり描いてないんですけど。ネタの神様はどこにいるんでしょうか?ゴールデンウィークで海外旅行でしょうか?あ、それだと神様は日本在住ってコトになりますね。…だから?

今日は昼まで寝て、生活用品の買い物に行って、軽く掃除をして、と実に休日らしい休日を過ごしました(そうか?)とさ。めでたし、めでたし。
「空腹は最高の調味料」って本当にその通りだと思うKです、どーも。




設定は考えてないけど、「ARSIAで物語なりゲームなりをつくるなら、ヒロインの一人かな」という感じで描きました。名前はリュカにしよう、今思いついた。

ところで最近、「毎度毎度正面とか少し斜めからのバストアップ構図の絵ばかりではダメだ」と思ってそうじゃない構図で描いてみたりもするわけですが、バランスおかしいとかはとりあえず置いといて(いいのか?)、即興で描いてしまうせいもあるのか、毎回ポーズが不自然です。もしくは無意味です。

もっと迫力があるとか、ダイナミックな感じで描きたい…。躍動感とか表現したい。望むだけではダメなんだけど、望むばっかりの私。ものぐさだ、へにゃー(?)。

そういえば、実際ゲームつくるとしたらどんな感じがいいかなと考えてみました。

現在私が(なんとか)使えるゲーム製作ツールは2つ。RPGツクールかSRCです。

戦闘について考えると、いわゆるロボットでの戦闘であることや、基本的にサポートパイロットとしてARSIAが活躍することを考えるとSRCがつくりやすそうです。

ところが私の未熟さもありSRCではそれ以外の部分、戦闘シーン以外の表現が単調になってしまいがちです。少なくとも私が作るぶんには、物語を読ませる際の表現のしやすさ、多彩さという点ではツクールが圧倒的に優れています。

しかしツクールだとロボット同士の戦闘は表現しにくいように思います。さらにARSIAの戦闘シーンでの活躍表現も難しそうです。

戦闘システムとしてとりあえず考えたのが、距離の概念を取り入れるということ。相手との距離を近距離、中距離、遠距離に分けてそれぞれのレンジで攻撃方法とかが変わるのです。近距離だとブレードが使えて、狙撃ライフルは使えない、遠距離だと逆、とか。

というわけで、実際イベントを組んで作ってみたんですが、イマイチ。特殊技能として距離移動を設けて距離を変更する(要するに距離変更に1ターンかかる)ようにしたら、なんともリズムが悪い。あと私のプログラムの腕では1vs1以外の集団戦闘は無理。これはとんだ欠陥システムってやつのようです。ちぇ。

長々書きましたけど、要するにダメだこりゃってことです。なんか上手い方法はないものか…。

ひっかけ問題にだいたいひっかかるKです、どもー。

ぐーすかぴー


ゆっくり絵を描く時間(と気力)が今日はなさげ。体調もあんましよくないし。

そよそよと風が吹く静かなところでまどろんだらさぞ気持ちよかろうなぁと思う。…シチュエーションが古いかしら?

ん~、今日はダメだなぁ。なんもする気がおきん。また明日ってことで、ひとつよろしく。
最近4コマ描いてねぇ…。スランプか?Dr.スランプアラレちゃんか!?錯乱気味なKです、んちゃ!どーも。

ダメ、ゼッタイ


なんかポスター風。

『雑なラクガキをいくつか載せてお茶を濁すんだ作戦』に基づき5枚ほど投下。KLEIDパイロットとARSIAのペアとか。

 r1.jpg r2.jpg  r3.jpg

 r4.jpg 描いてるこっちが恥ずかしい


私は絵を描くときだいたい音楽を聴いてます(そうじゃなければTVがついてる)。聞いてる曲によって描く絵の感じが変わっちゃうんですよね、影響受けやすいんです。

ノリのいい曲ならノリノリでガァーッと勢い任せで描くとか、しんみりした曲ならそういう表情の絵を描くとか、フィーリング全開なわけです(?)。特定の曲を聞くと思い起こされる感情とか風景とかが絵に出ちゃうわけです。

音楽って偉大だなぁ。毎度ながら文章にまとまりとオチがないなぁ。
もし明日お腹が痛くなったら夕飯に食べた餃子が生焼けだったせいだと思っているKです、どーも。

足りない。色気が


ちょこちょこ挑戦してみましたけど、やっぱりロボットが描けません。特に顔です。顔が描けません。びっくりするくらいカッコ悪いです。そもそも人工物描くのが苦手なんですよね、日頃描かないから。修行不足だぜぃ!

ところで、ゲームをやってると名前をつける機会がよくありますよね。RPGの主人公然り、パワプロの選手名然り。そんな時ってどうします?自分の名前つけます?

私の場合、デフォルトで名前があれば基本的にはそれを使用。なければオリジナルを考える。自分の名前は使わない。これがRPGとかシュミレーションの場合。名前入力画面で10分くらい考え込んだりします。

パワプロでは、地名とか友達とか創作とか。尋常じゃない数の選手を作ってるので、かなり適当な名前もあります。だいぶ昔にはモンプチという名前の一塁手がいました。

(脳内で)キャラクター考えるときも、名前はなかなかいいのが思いつかないです。日本人名はいいんですけど、そうじゃないのは知識が少ないから難しい。名字なんて全然知らない。こりゃ困った。

地球の皆!オラにイカス名前&名字を分けてくれー!(強引に終わる)
犬も猫も好き、Kです、ども。

ぐいーん


注:イラストに意味はまったくありません。


【テラ・マトリクス社とクリストファー・タウンゼント】
テラ・マトリクス社はここ10年ほどで急成長を遂げたKLEID&ARSIAメーカーである。それらの産業を主幹に、様々な業種に枝葉を広げる一大グループへと成長し、今や業界トップクラスの実力を誇る。

現グループトップのクリストファー・タウンゼント氏は、一般入社ながらトップに登りつめたサクセスストーリーの持ち主で、その経営手腕は超一流といわれている。

タウンゼント氏はトップに就任すると同時に大改革を断行した。それは簡単に言うと、製品のハイスペック&高級化によるブランドの確立であった。これにより当時停滞していた経営を大幅に改善することに成功した。しかしこの改革により不採算部門や高級化の流れに合わない部門、関連下請け企業等をバッサリ切り捨てたことは強い非難を浴びた。

テラ・マトリクス製のKLEID及びARSIAは高いスペックを有するが、コストパフォーマンスでは他に譲る。現在は世界有数の富豪国である統一地球国家軍が唯一これを採用しており、非常に強力な兵力を持っている。

【飛龍公司】
華僑資本を背景に持つといわれているKLEID&ARSIAメーカー。企業コードFC。

独特のコンセプトに基づいた個性的な製品を作るメーカーとして有名。(スペックのアクが強く普遍性に欠くため、軍がスタンダードとして採用することはないだろうと言われている。)

寝すぎたー、Kですー。だるぅ。

だるぅ


寝すぎたせいもあり、今の私なんか↑こんな感じ。

そういえば昨日、マイPC内に残ってた昔の自作RPGをやってみたんですけど、これがすごいの、すごいつまんないの。「まあ騙されたと思ってやってみて」って100人にやらせたら、プレイ後100人が「騙されたー!」って言うこと間違いなしです。

原因を列挙してみましょう。

1、内輪ウケのネタばかり
友人にしか分からないネタのみで構成されている。しかも実名とか出しまくっている。

2、著作権を侵害しまくっている。
これはヤヴァイでしょう。だめだめ。

3、途中で製作が止まっている
半分くらいの作品は途中で作るのに飽きてしまっている。

…見るも無惨です。あまりのくだらなさに笑ってしまうっていうくらいしか使い道(?)がない…。

こうなったら、リメイクしてアップしてみましょうかねぇ?うへへ(ヤケ)。
らふー


ai11a.jpg 「あれ?今日の絵は色塗ってないね~?」

あいこん 「気力が湧かなかったそうです…。」

あいこん 「『首筋が「ぐりっ!」ってなって痛かったKです、ズキズキ。』だそうです。」

ai11b.jpg 「な、なんだいきなり!?」

あいこん 「『今日はキミたちに座談会をやってもらうんでよろしく。』とKさんに言われまして…。」

父親に「お前たち、そろそろ海開きに行ったらどうだ?」と言われる夢を見たKです。「今日は昨日より最高気温が8度も低いらしいからヤダ」と夢の中の私は断っていました。

―――――――――――――――

戦艦管制三人娘


【SIA - HF - MI08D2/075F/L98】
複数ARSIAによる戦艦運用の確認されている唯一の成功例。
連邦軍第二艦隊の旗艦に搭載されている。

形式番号等から、この成功はそれを目的とした開発の成果ではなく偶然ではないかという噂が流れているが、連邦はこれを否定している。しかしこれ以降の複数運用ARSIAが製作されていないことから、依然噂は絶えない。

――――――――――

【ケージ】
ARSIAはケージという装置で持ち運ぶことができる。
当初鳥かご程の大きさだったことからこの名がつくが、現在はかなりコンパクトになっている。

一度セットアップしたKLEIDからケージを用いて別のKLEIDに移すと再度調整の手間がかかることから、多用はされない。

――――――――――

【ARSIA&KLEIDメーカー】
大企業の多くはARSIAとKLEIDの両方を生産しており、ARSIAセットアップ済みのKLEIDとして卸す。

近年はARSIAもしくはKLEIDのみを生産する企業や、それぞれのパーツのみを受注生産する企業などもうまれるようになってきた。

トップ企業がせめぎあいに力を注ぐ中で、一発屋(一製品のロットアップのみで倒産する企業のこと)も現れるなど、メーカーの乱立乱倒の時代を迎えている。

――――――――――

毎度恒例(必要性が疑問視されている)おまけ

 三人娘  適当ちびきゃら


―――――――――――――――

今日の反省点は、カラーリングがどっかのパビリオンのコンパニオンみたいになってしまったことです。うーん、失敗失敗。

こんだけ設定書き並べると、「これでゲーム作ったら面白いかもなぁ…」なんて妄想してしまう私。
本家が9000hitsしたとき掲示板見たら新規書き込みがあったので「キリ番報告か!?」と喜んだら商業書き込みだったのでガッカリしながら即削除したKです。長ぇよ。

今日は友達のお寝坊キャンセルにより午後がまるまる暇になったので、「オッス、オラ暇!いっちょやってみっか!」的なノリで絵を描きまくりました。そして塗りまくりました。なので載せまくります。

―――――――――――――――
【人型戦闘兵器・KLEID
現在戦闘の主流となっている人型の機動兵器、その名をKLEIDクライト)という。
特殊なエネルギーを動力源とし、1人乗り、全長15m~20mが標準的。
ちなみにイラストは私には無理。

――――――――――

特殊同調型


【SIA - HF - MI282ZSa/Sj】
ARSIA初の「双子型」。
「TKB(KLEID2機での戦闘行動強化)プロジェクト」の中で実験的に製作された。

これら2体のARSIAは自分自身と全く同一レベルでもう1体を認識することが出来る。相手の情報・位置・視界、存在そのものを捉え続けることが出来るのだ。簡単に言えば、完全なるユニゾンが可能ということである。

彼女らが力を発揮すれば、通常では考えられないコンビネーションを駆使し、2機で1+1以上の戦果が挙がると期待されている。

あまりにユニゾンリンクが強すぎるため、何らかの原因で一方がダメージを負った際にもう一方に支障をきたす可能性が高いという弱点を抱えている。

2機の同型KLEIDにそれぞれ搭載し、双子の操縦者での運用が考えられているとか…。

ちなみに名称上Saが姉機、Sjが妹機となっているが、性能的な差は無い。
猫舌将軍Kです、どもぉ。

何かARSIAのタイプをいろいろ考えるのが楽しくなってきたので、また描いてみたのです。飽きたとか言わずにお付き合いくださいよぅ。

――――――――――――――――――――

高機動型


【SIA - HF - FC1C03】
Fカンパニー製の、近接戦闘用高機動型ARSIA。

余分なプログラムを一切廃し、処理能力の大部分を機体制御にあてている。そのため操縦者の練度次第では自らの身体以上にスムーズなアクションが可能になる程の機動を得ることができる。

ただし火器管制・情報処理等におけるサポートはまったく期待できない。

――――――――――

万能型


【SIA - HM - TM017K】
Tマトリクス社製の男性型ARSIA。
人型兵器用ARSIAとして重要な能力のほとんどが水準以上でまとまった万能型高性能ARSIA。

中でも射撃武装の命中補正は特に優秀で、遠距離狙撃や同時ロックオンも苦にしない。強いてあげるなら回避運動等の機動制御がやや苦手。

運用に必要とするエネルギーも性能の割に効率が良いが、最大の欠点はARSIA自体のコスト。そもそも開発や配備に多大なコストを要するARSIAだが、なかでもこのTM017Kは一般的なものの3~4倍ほどのコストを必要とする。そのため実戦投入されている数はごくわずか。

――――――――――

重砲戦型


【SIA - HF - FC1G12】
Fカンパニー製の重砲戦型ARSIA。
FC1C03とは対称的に、火器管制に特化している。

人型機動兵器用に開発されたが、火器管制のみならば戦艦のそれすらもラクこなせるスペックを有している。

いわゆる大鑑巨砲主義を地で行く仕様で、速射・連射はそう得意ではないものの(それでも標準性能ははるかに凌ぐ)、高出力兵器や超長距離砲などの扱いは天下一品。

ただし当然のことながら砲戦以外のスペックは超低性能で、機動性に関してはむしろ下がる。

実際問題使い勝手が悪いことこの上なく、果たして使用者はいるのかどうか…。


――――――――――

【瞳とプログラム・コアとフィン】
ARSIAの胸部にはプログラム・コアと呼ばれる宝石のような見た目のものがある。これはプログラムの核の象徴で、そのARSIAの存在を規定するもっとも大事な部分である。人間で言うところの心臓と脳をあわせたようなものに近い。
なお、一体のARSIAのプログラム・コア、瞳、フィンの色は、一般的に同じである。


――――――――――
おまけ

 高機動型  万能型  重砲戦型

―――――――――――――――


現在このブログでは皆の考えたARSIAを募集しているよ!
設定だけでもいいし、イラストなんか描いてくれるのも大歓迎!

キミだけのARSIAを創りだせっ!

……なんだこのノリ。
フリーハンドで直線が引けないKです、どもー。

ARSIA[SIA-HF-TM022S]


前回(2日前)の妄想、ごく一部に反響があったので、またまた妄想をめぐらせてみた。

―――――――――――――――

現状、ARSIAはそのほとんどが軍事利用されている。
その開発には極めて高度な技術力が要求され、自力で開発できるのは巨大企業数社と国家機関ぐらいのものである。

【ARSIAの形式番号表記】
ARSIAの形式番号は「SIA - HF - TM022S」のように3つのパートから成っている。

1、「SIA」=アルシア・マーク…System Inter-face Agentの頭文字で、ARSIAであることを表す。全ARSIA共通。

2、「HF」=タイプ分類表示…ARSIAの大まかなタイプを表す。
1番目のアルファベットは種別番号といい、Hは「Humanoid Type(人型)」であることを表している。
2番目のアルファベットは性別番号といい、Fは「Female Type(女性型)」であることを表している。

3、「TM022S」=製作元表示…製作者(組織)の識別のための番号。
先頭の2文字が国家・企業等を表し(ちなみにTM=T-MATRIX社)、以下はそれぞれの製造番号。


【フィン】
ARSIAの背中にある羽のようなものは「システムリンク・フィン」と呼ばれるもので、ARSとARSIAをプログラム的に接続する役割を果たしている。省略して単にフィンと呼ばれることが多い。
開発黎明期には2枚羽だったものが徐々に増え、現在は6枚羽が主流。



【SIA - HF - TM022S】
軍需産業においてトップクラスのシェアを誇る「T-MATRIX社」製の大型戦艦用ARSIA。

一般的に、扱うデータが多種・大容量であることなどから、小型戦闘個体用のARSIAに比べ戦艦用のものは動作・処理が重くなる。そのため従来旗艦クラスの大型戦艦はARSIAを搭載した上で大人数のオペレーターにその運用補佐をさせる必要があった。複数のARSIAを使用する方法も考えられたが、システム的な不具合(「ARSIAがケンカする」という)を起こすことが多く上手くいかなかった。

このTM022Sは、プログラムの見直しによる徹底した効率化により同時処理能力が大幅に向上しており、上記のような戦艦用ARSIAの弱点を大幅に改善することに成功している。

ただし、戦艦用のもうひとつの特性(これを弱点と考えるか否かについては諸説ある)である「思考柔軟性が稀薄」という点が強まっており、フレキシビリティに欠く。人間的に言うなら「融通が利かない、お堅い」といったところ。

―――――――――――――――

……またも謎&アホ設定ですねぇ。
さあ、みんなも自分だけのARSIAを考えようぜ!(爆)

おまけ(モノクロでサイズ大きいバージョン)↓
未彩色のおっきい版

上手くないけど歌うのは好き、Kです、どもども。

女王騎士カイル


幻想水滸伝Ⅴより女王騎士カイルさん。
一応攻略本のイラスト見ながら描いたんですけど…服装ややこしすぎるヨ!
紙のサイズ考えずに描きだしたもんだから若干短足気味に…。ゴメンね、カイル。

ところで、探したい歌がある。でも詳細不明。そんな経験ってありませんか?

おぼろげにしか記憶にない歌だと、他人に説明するのも難しいし(ラララ~とか歌ってみても伝わらないし)、有効な探し方も分からない。ネットで鼻歌検索とかできたらいいのにな。マイクに鼻歌入れて検索かけたら似たメロディをリストアップしてくれるの。欲しくありません(笑)?

ちなみに私も気になってる歌が何曲かありますが、文字でうまく伝える自信がないので書きません(笑)。
お腹がすいたKです、はらへりー。

アルシア


毎回の如く適当に描いてたらなんかSFちっくな絵ができた。

よし、ここはひとつ後付けで設定を考えてみよう。

―――――――――――――――

人類が宇宙に進出してから数世紀。未だ争いは尽きず戦火は漆黒の宇宙へと広がっていた。

戦闘には人型の兵器が主として使用されたが、宇宙空間での戦闘は上下左右の感覚が薄く、自分の位置を座標で認識する必要があり、地上でのような戦闘行動は困難であった。

そんななか開発されたのが戦域規制システム・アルスArea Regulation System)である。これは事前に設定された戦域内で自機の座標を特定し、戦域から外れないようにするとともに味方との位置関係を把握するためのものであった。

戦争が激化する中でARSは目覚しい進化を遂げシステムも複雑化、座標処理のみならず機体制御補助や火器管制補助等の様々な機能をもつようになる。

ARSのバージョンアップに伴い戦闘は高度化したが、操縦はより複雑かつ困難になってしまった。そこで開発されたのがシステムと操縦者を繋ぐ存在、アルシアARS Inter-face Agent)である。

ARSIAはシステム内の擬似人格プログラム(システム内のみの存在)で、操縦者との会話が可能。これにより操縦者のパートナーとして、その意志をより早く、より正確にシステムに反映させることができる。

プログラムを調整することで細かなカスタマイズが可能なため、性能に特性をもたせることが可能で、外見も(性別を含め)この限りではない。

――――――――――――――――

…なんじゃこりゃ。
お酒は全然ダメ、Kです、どもー。

描きかけ


本家TOP絵企画用イラスト下書き~。

いつもなら即色塗ってアップするとこなんですが、今はなんか気分が乗らないので(ヲイ)ここでいったんストップ。完成版&特設ページの更新は早ければ明日にでもできるかな。ん~、気分次第です。

ちょっと短いですけど、今日はこのへんで~。
旅の封印球を宿してるキャラがいたらいいのにと思っているKです。どーも。

幻薔薇水滸伝…語呂悪っ


そしてまた何の脈略もなくこういう絵を描く私。いきなりⅡだし。

脈絡ないついでに今日は幻想シリーズで日記を書こうと思います。

幻想水滸伝シリーズは私のお気に入りゲームの一つです。初めてやったのはⅡで、それからⅠ→Ⅲ→Ⅳ→Ⅴと順調にこなしています。あ、外伝もやりました。ラプソディアはやってません。

ゲームそのものもさることながらその世界観やその中で織り成されるストーリーや人間模様が良いです。紋章という概念(?)が特徴的で、話にもキャラクターにも深く関わってくるのです。毎回新しい紋章が出てくるのも楽しみ。

お気に入りのキャラとか書き出すとキリがないこと請け合いなので、このへんにしときましょうかね。実は日記で108星イラストを描いたら楽しいかなと考えたことがありますが、1日1人ペースだと3ヶ月以上かかるのでやめたという過去(?)が私にはありますが、そんなこたぁどうでもいいですね。
西武の炭谷と巨人の福田に期待しているKです、ども。




フェタレだなんだと言いながら(?)、本家Fateのキャラを全っ然描いてないことに気がついたので、もぐもぐセイバーさんを描いてみました。お茶碗でかくしすぎた…。お茶碗というよりどんぶりサイズだよ。一体何合食べるんですか、セイバーさん…。

炊きたてごはんってこの世で最も美味しい食べ物の一つだと私は信じてます。いろんなおかずと絶妙なハーモニーを奏でちゃうし。もうご飯大好き。

ちなみに炊飯前に少し(10~15分くらい?)吸水させてから炊くと、早く美味しく炊けるっぽいです。あと炊き上がったら全体を混ぜ、いったん蓋を閉めて少しおくと、これまた美味しくなる感じです。これが私の炊き方。常識かな?

あ、そうそう。ご飯を冷凍するときは、炊きたてを容器にいれてすぐに封をして冷ましてから冷凍するといいそうです。水分的な物が保てるそうな。そして、レンジで温めるときは封をしたままだとベチャベチャになってしまうので、封はしないほうがいいという噂です。これが私の冷凍&解凍法。常識かなぁ?

…おかしい、Fateの話するはずだったのにご飯の話になっとるじゃないか。
今週いっぱいは悪天が続くということでガッカリしてるKです、どーも。

ちびきゃら


なんか私がちっちゃいキャラを描いたときって、
由乃=怒ってる令ちゃん=泣いてる(ヘタレてる)
という図式が確立されてる気がします。特徴的な表情を思い浮かべようとするとなぜかこうなっちゃうんですよねぇ…。

ディフォルメキャラって基本的には描くの楽でいい(最近の4コマでも多用してる気がする)んですけど、バランスがおかしいとダメダメな感じになってしまうようなので、気をつけないといけないとかなんとか。

まあ4コマに関しては書き直しをすることは非常に稀ってくらい勢いのままに描いてますからバランス欠いてる絵なんてざらですが。むしろそればっかりかよって話もありますが。ドンマイドンマイ。

そういえば、最近4コマ描いてないなぁ…。ネタ浮かばなーい。
お昼ごはんにカレーを食べました(だからどうした)Kです、どもー。

冥土の土産


みずき&あおいに、巷で噂(?)のメイドさんの格好をさせてみようと思ったら、むしろ洋菓子屋の店員さんといったほうがしっくりくる気がする絵になった…。やっぱり資料というか、何か見て描かないとうまくいかないですねぇ。でもメイドさんの資料をネットで探したら恐ろしいことになりそうなのでやめておきましょう…。

そういえば、yahooで「パワプロ4コマ」でキーワード検索かけるとウチ(Field of Rookies!)がトップにくるみたいです(まあ全10件くらいしかありませんが)。

「Fetare」で検索してもトップあたりにくるみたいですが、周りは謎の海外サイトに囲まれています。あと、「Featureでも検索してみてください」と、まるで間違えたみたいに親切にされてしまいます。失礼な。まあいまだかつてこのワードで検索してきた人はいません(当たり前)。

ウチは登録ランキングサイト等からのアクセス+(数少ない&ありがたい)常連さんがほとんどなのですが、検索でいっぱいお客さんが来るサイトさんってのもあるんでしょうかね?ちょっと気になる。

ブログデザインをこれで落ち着けるかもう少しいじってみるか思案中。まだ慣れてないからなんとも…。
最近ラーメン食べすぎじゃない?Kです、ども。

あれ?何人か足りなくね?

今日はデコガメッシュこと江利子様の絵を参考にしながら、『きっと間違ってる私のイラスト制作方法』についておおくりしようと思います。


1、紙に描く

下書き1


まず、A4もしくはB5のコピー用紙にシャープペンシルで下書きを描きます。私の下書きは無駄に線が多いです。とにかく勢いで書きなぐる感じです。





2、なぞる

下書き2


下書きの上から100円のボールペンでなぞります。画材というより文房具なペンなので、よくかすれます。






3、ケシゴムをかける

清書的な物


鉛筆の線をケシゴムで消します。なぞり忘れや隙間が開いているところがないかチェックしますが、だいたいチェック漏れがあります。






4、ベースカラーを塗る

色塗り


とりあえず基本的な色を塗ります。後で影をつけるので、やや明るめの色にします。







5、陰影をつける

影付け


陰影をつけます(短っ)。面倒ですが、立体感が出てくる感じが好きです。







6、完成

完成~


背景を塗り、文字を書き、タイトルをのせ、(この絵の場合はオデコに効果をかけて)、完成です。






最近はだいたいこんな感じで絵を描いているのですが、果たして正しいのか効率がいいのかさっぱりです。各所にCG講座ページがあるんだから勉強しろよって話ですが。

フェタレシリーズは描きはじめ~完成までで、サーヴァントで約4~5時間、マスターで約2~3時間かかってると思います。マスターは服装がややこしくないので時間がかからなくて楽でした(可南子除く)。

ちなみに一番時間がかかったのはデコです。鎧がややこしくて、下書きから色塗りまで満遍なく時間と手間がかかりました。2番はたぶんライダー。これは鎖に時間がかかった…。

逆に時間がかからなかったのは桂さん。資料が見つからなかったので開き直って好き勝手シンプルに描いたから。次点はアサシン由乃さん。服装がまだラクだったので。

下書きからPCでやれるようになれば紙も不要で効率的だし、もっとキレイに描けるんでしょうけど、ペンタブだと思うように描けないし(ペンタブ性能+本人の技量の問題)、先は長そうです。
桜を愛でる日本人の感性に肯定的なKです、どもども。

チェックポイントですよっ!

うーん、目を大きく描いたらバランスが崩れてしまった。あ、ちなみにオリジナルキャラ(?)です。いや、適当に描いただけですけどね。ポーズにもたいして意味もないですし。誰か名前でもつけてあげてください(笑)。

ゴルフのマスターズが始まってますね。見たいけど、朝5:30~とかライブではさすがに無理です。くそぅ。起きておくには遅いし、早起きするにはちょっと早いゼ。その時間は爆睡中ですよ!

しかしなんか面白いネタはないものでしょうか?日記にしたってそんな毎日面白いこと起きないんですよねぇ。うーんうーん…。イラスト何枚か描いたんですけど、気に入るのができなかったんで、ギリギリ上の一枚のみなんです。ま、あまり時間がなかったってことを言い訳にしますか。うん、そうしましょう。
アイラブ味噌汁、Kです、どぉも。

セクシー魔術師志摩子さんです、うふん。
ゴメンナサイ嘘です。Fetare stay/soeurのキャスター志摩子さんです。
ぎんなん魔術師せくしぃシマコ(嘘)


う~ん、妖艶な感じの絵を描いてみようと思ったんですが、まだまだ修行不足でした。構図にせよ表情にせよ、パターンが少なくていけません。もっとがんばらねば。

いつものように突発的に再開させたフェタレですが、こういうくっだらないこと考えるのが好きなんですよね、私。どうやら。
今の悩みは、あまり(全然?)好かれてなさそうな間桐の慎ちゃんを誰にするかです。
後先考えず、思いついたままにキャラを当てはめていってるので、強引なところがいっぱいありますが、気にしないことにしましょう(えぇ)。
あ、アイデアは随時募集してマース(えぇー)。

ネタ不足なので、ラクガキを載せておきますか。だいぶ意味不明ですが…。
らくがき1らくがき2


本家のほうでweb拍手してくださった方ありがとうございました。
甘すぎないケーキの方が好み、Kです、どーも。

ダッシュ!


先日、真昼の夜さんを見ていたら、成分分析という面白そうなことをやっていたので、私もホイホイやってみました。

<結果>
まず自分自身でやってみました

Kの成分解析結果 :

Kの45%は鉄の意志で出来ています。
Kの27%は着色料で出来ています。
Kの12%は欲望で出来ています。
Kの9%は砂糖で出来ています。
Kの6%は愛で出来ています。
Kの1%はやらしさで出来ています。

鉄の意志に色をつけるとだいたい私です。
いや、嘘です。私の意志の弱さは日本でも有数です。


ではブログ用の名前ではどうでしょうか?

ジャイロKの成分解析結果 :

ジャイロKの47%は魔法で出来ています。
ジャイロKの35%は呪詛で出来ています。
ジャイロKの14%は大人の都合で出来ています。
ジャイロKの4%はスライムで出来ています。

魔法と呪詛という非常に垣根の曖昧なもので8割超です。妖しさ爆発です。
しかもそんなファンタジーにいきなり大人の都合がしゃしゃり出てきます。急に現実に引き戻されます。ガッカリです。
あとスライムです。またファンタジーです。


こんどは自分のサイトでやってみましょう。

Field of Rookies!の成分解析結果 :

Field of Rookies!の57%は税金で出来ています。
Field of Rookies!の38%は怨念で出来ています。
Field of Rookies!の2%は魔法で出来ています。
Field of Rookies!の2%は大阪のおいしい水で出来ています。
Field of Rookies!の1%は玉露で出来ています。

凄くイヤなサイトです。ほとんど税金と怨念です。
国民の血税の無駄遣いがこんなところで発覚しました。スキャンダルです。
そして魔法。ちょくちょくファンタジーが絡んできます。
あと大阪のおいしい水。六甲ではなく大坂の水ですから、淀川の水道水でしょうか。だとしたらおいしくはないです。
でもその水で玉露をいれたっぽいです。もったいないです。


だんだんイヤになってきましたが、最後はできたてのこのブログです。

三球三振!の成分解析結果 :

三球三振!の79%は怨念で出来ています。
三球三振!の18%は汗と涙(化合物)で出来ています。
三球三振!の1%は小麦粉で出来ています。
三球三振!の1%はやらしさで出来ています。
三球三振!の1%は宇宙の意思で出来ています。

…やはり私が何らかの恨みつらみでweb上の活動をしているのは間違いなさそうです。
あとは汗と涙に数種類の隠し味を混ぜたものを怨念に溶かせばできます。お手軽です。


なんか不吉な(笑)分析結果が判明してしまいました。おもしろかったです(えぇ?)。

ちなみに今日は本家のTOP絵を二枚も描いて疲れたので、ブログ絵は過去にTOP絵にしようと思って使ってなかったやつを回しました。
まだブログのシステムがイマイチ分かってないKです、どもー。

↓こんなゲーム、あったらいいのにっていうお馬鹿なマイドリーム
スーパーパワプロ大戦!

カットインはないけど、私実はSRCで製作してたりするんですよ、これが。
タイトルはそのまま「スーパーパワプロ大戦」、ひねりはいっさいナシ。

パワプロアイコンを製作してたのは、何を隠そうコレで使うためだったのですが、それを含め、この製作が大変大変。正直たいしたストーリーでもないんですが、それでもデータ・シナリオ作成とかバグ取りとか、もうめんどいの。すっごいめんどいの(まあそれが楽しいって話もありますが)。

ゲームの売りはバランスの悪さです(ヲイ)。キャラの能力に差がありまくります。猪狩守とか友沢とか一人いればクリアできんじゃねぇの?ってくらい強いです。ザコとか一撃で屠ります。手加減する気ゼロです。

思いつきでこういうことはじめてしまうせいで、作りかけの作品がPC内にいっぱいあります。やれやれですね。でもこれはそのなかではかなり完成に近いほうです。7~8割くらいはできてる、かな?最近手をつけてませんが…。

バグって一箇所直したらまた別のバグができたりしてイライラしちゃうんですが、たまに笑っちゃうバグもあります。猪狩守に「後悔するぜ!」って言わせたはずが、ものすごいカッコつけて「公開するぜ!」って言っちゃいました。…あ、これバグじゃなくて誤字ですよね。

しかしゲーム製作好きなんですけど、途中で「で、完成させて、それからは?」って考えると若干むなしくなります。自己満足ですからしょうがないですけどネ。まあそれこそ「公開するぜ!」って手もあるんですが、はたして需要があるのかという問題があるのですわよ、奥様(?)。だって誰にも遊んでもらえなかったら寂しいじゃない?私ってほら、ナイーブだから、ほら、植物性のやつ(シャンプー?)。

ってなわけで、ブログ2日目にしてはやくもネタに詰まったのでこんな感じでお送りしてみました。
ブログを開設してみましたジャイロKです、ども。

はじめましたっ


ふと思い立って日記をブログに移行してみました。

これで今までの日記のように画像のサイズやレイアウトを気にしなくていいハズ。リンクとかもラクになるという噂ですしネ。
とはいえもともと日記をマメに書くほうではないので、どうなるやら…。

ちなみにニックネームはそのままKでいこうと思ってたら、
「ニックネームは4文字以上でお願いします」とかいわれてしまったので、
適当にジャイロをくっつけてジャイロKにしました。わぁ、考えなしィ。

とにかく、ココも本家と同じくテキトーなスタンスでやっていこうと思いますので、どーぞよろしくです。